お知らせ

お知らせ

北杜市 南アルプスユネスコエコパーク 10周年記念イベント 第二回 日本山岳保全サミットin 北杜(2024.8.24-26)を開催します

2024.06.10

(一社)北杜山守隊は2023年6月に、志を同じくする団体、アウトドア関連企業とともに「日本山岳歩道協会(Japan Trail Alliance)」を立ち上げました。同8月には、第一回日本山岳保全サミットin大雪山を、北海道東川町および大雪山で3日間開催し、シンポジウムには100名以上、フィールドワークには全国の保全団体から約40名が参加し、北海道新聞にも大きくとり上げられるなど大きな話題となりました。
発足2年目である2024年は、より多くの方に登山道環境保全に関する現状を伝え、また、全国に次々と発足している保全団体同士の活動状況や課題を共有し、保全意識や技術の底上げに繋げていきたいという思いから、日本山岳保全サミットを首都圏に近い北杜で開催することに致しました。

主催:北杜市、一般社団法人北杜山守隊  共催:日本山岳歩道協会
特別協賛:一般社団法人コンサベーション・アライアンス・ジャパン、南アルプスユネスコエコパーク山梨県連協議会

特別講演
(8/25 10:40〜11:40)

「流域の視点で見えてくる山の価値」
(株)ヤマップ代表 春山慶彦氏

基調講演
(8/25 13:30〜14:30)

「台湾千里歩道協会の取り組み」
台湾千里歩道協会 副執行長
徐銘謙(シュ・ミンチェン)氏

【Day1】2024年8月24日(土) 活動発表会

サミット初日は、全国で山岳保全活動を行う約10団体が集結し「活動発表会」を開催します。各団体からは各地の取り組みや課題を共有いただき、会場からの質問時間も設けます。保全活動に関心・ご興味がある方、既に各地で活動をされている方、必聴です。どなたでも聴講可能です。

植生や地質などの自然環境、また、土地の所有者や事業執行者なども、各地さまざまです。各団体、どのような課題を抱え、どのような工夫を行って活動されているのでしょうか。各団体の活動を共有し、全国の山岳保全の将来を考える一日にしたいと思います。

【Day2】2024年8月25日(日) シンポジウム

サミット2日目は、南アルプスの価値や可能性、また、将来に向けた山岳資源の保全や活用について考えるシンポジウム。特別講演、基調講演、パネルディスカッションにご注目! どなたでも聴講可能です。

シンポジウム後の懇親会・交流会

シンポジウム終了後、同じ会場内において、どなたでもご参加いただける懇親会、交流会を行います。立食形式の軽食(ソフトドリンクあり)で、参加費はお一人2,000円(税込み)です。登壇者も参加されますので、講演やパネルディスカッションの続きなど、交流・親交を深める場としてもオススメです。

【Day3】2024年8月26日(月) アクティビティ

最終日は、北杜の山をフィールドにアクティビティを行います。一つは、山岳保全団体向けのイベントで一般参加はできませんが、もう一つは誰でも参加可能のイベントです。詳細は現在検討中で、決定次第発表致します。

お申し込み

以下のURLまたはQRコードよりフォームにアクセスし、お申し込みください。
https://forms.gle/T2WAtefR1KtPBwK17

・24日(土)活動発表会 (聴講) ※先着300名程度
・25日(日)シンポジウム(聴講)※先着300名程度
・懇親会・交流会 ※先着50名限定
以上、全て同じお申し込みフォームからお申し込み頂けます。なお、先着順にて承り、定員に達し次第、受付を終了させていただきます。予めご了承ください。

お問い合わせ

一般社団法人北杜山守隊 イベント運営事務局
mail: event.hokuto.yamamoritai@gmail.com

ページTOPへ